オートチェス系ゲームが増えてきたので、違いを軽くまとめました。

オートチェス、楽しいですよね( *´艸`)

いや、ここでは「PC版DOTA AUTO CHESS」と言っておきましょう。

さて、ここ最近オートチェス系のゲームが増えてきてややこしくなってきたのでまとめてみました!

元祖オートチェス

元祖オートチェス、つまり一番最初のオートチェスはsteam内にあるDOTA2Modである「DOTA AUTO CHESS」です。

これが流行っていろんなオートチェスが出てきました。

では、今現在主にある4つのものは何が違うのか比較してみました。

(よく分からない用語は、私自身がよく分からないので避けています)

今現在、主にあるのは4つ

DOTA AUTO CHESS

上記の元祖オートチェスです。

主に今はPC版オートチェスと呼ばれていますが、後ほど説明する(Dota2の開発・運営をしている)Valve版もPCで出て、さらにモバイル版のPC版も出てくるのでちょっとややこしいです。

こちらのオートチェスを基準にして比較していきます。

(以下、ここではわかりやすく元祖オートチェス)

Auto Chess:Origin

主にモバイル版オートチェスと呼ばれていて、今現在はアプリのみです。

Originとある通り、元祖オートチェスを開発・運営しているDrodo Studioが、DragonestとImbaTVと協力しているものです。

これまたValve版もモバイル・アプリで出たのでややこしいですw

元祖オートチェスとの大きな違いは

・駒の名前や見た目

・マッチングの速さ

といったところです。

ちなみに駒の名前や見た目は違いますが、効果はほぼ同じです。

出てくる駒などは、元祖オートチェスの1か月ほど前といったところです。

ちなみにEpicと提携してEpic Games Store(steamみたいなPCゲームサイト)でAuto Chess:Originが出ます。

つまりモバイル版オートチェスのPC版が出ます(`・ω・´)

(以下、ここではわかりやすくモバイル版オートチェス)

Dota Underlords

主にValve版オートチェスと呼ばれています。

ValveとはDota2の開発・運営をしている会社です。

元祖オートチェスとの大きな違いは

・駒が元祖オートチェスの初期ぐらい(たぶん)

・アイテム

・マッチングや操作性が改善

といったところです。

駒の見た目や名前はほぼ同じですが、種族の名前や効果がちょっと違ったりします。

ちなみに今はβ版で、既にPC版もモバイル・アプリ版も出ています。

(以下、ここではわかりやすくValve版オートチェス)

lol版オートチェス

主にlol版オートチェス、またはTFTと呼ばれています。

lol版オートチェスは文字通りlolというゲームを主題にしたオートチェスです。

正式名称は「チームファイト・タクティクス」です。

元祖オートチェスとの大きな違いは

・駒がlolのキャラクター(チャンピオン)

・盤面が少し狭い

・特定ターンでいくつかの駒から1体選べるシステムがある

といったところです。

基本的な遊び方は元祖オートチェスと同じです。

現在はWEB版のみで、これも今はβ版(?)みたいでやるにも鯖が混んでて待ち時間が結構あるみたいです。

(以下、ここではわかりやすくlol版オートチェス)

どれをやればいいのか…

さてさて、この他にも類似ゲームがありますが主にある4つの中でどれをやればいいのか…

 

わかりません!!!!

私は元祖オートチェスのみやっていますが、元祖オートチェスの開発元が出したモバイル版オートチェスがPC版を出すことによって元祖オートチェスが消えるとか消えないとか。

ちなみに、モバイル版はアプリだと時間が永遠に無くなりそうなので入れてすらいませんw

Valve版はちょっと様子見て元祖より流行ってたら行こうかなーといった感じです。

lol版はとりあえずはいいかなーといったところ。

一番流行ってるのをやるのが楽しいですし、ランクもあるので早めにどれをやるのか決めたいですね。全部は時間がかかるのでやれないですしw

 

日本でサイゲやスクエニとかが出せばそこに流れると思うので、それもちょっと期待しています(*^^*)







コメントを残す