オートチェス|操作性や快適さを上げるおすすめの設定!

バトル麻雀バトルロワイヤル「DOTA AUTO CHESS」、通称「オートチェス」。

一度やり出したら時間を忘れてずっとやってしまいますw

さて、そんなオートチェスをプレイするときの操作性や快適さを上げる細かい設定を紹介します(^^)/

設定方法

ゲーム内設定を変える設定メニューは、DOTA2を起動したときに左上にある歯車アイコン。

または、オートチェスプレイ中の左上からの左から2番目にある歯車アイコンから開くことが出来ます。

※マッチング画面では出来ません。

それでは、以下おすすめの設定を紹介します(*^^*)

ENABLE QUICKCAST

ホットキー項目の左上にある「ENABLE QUICKCAST」にチェックを入れると、クリック数が1回減ります。

どういうことかと言いますと、例えばユニットをベンチからフィールド出すときには「左ユニット→Qキー→左クリック」の順に押すと思います。

それが「ENABLE QUICKCAST」をオンにしていると、「Qキー→左クイック」で出すことが出来ます。

※マウスカーソルをユニットに合わせてから各種キーを押しましょう。

たかが1クリック、されど1クリック。

驚くほど操作が速くなります!

この設定なしで慣れた方も、変えたては操作ミスが起きてしまうかもしれませんがこちらにすることをおすすめします(^^♪

Edge Pan

オプション項目の左下にある「Edge Pan」のチェックを外すと、画面端にマウスカーソルを持っていってもマップが動かなくなります。

Show Minimap on the Right

戦闘ログやミニマップが右下に表示されて、プレイヤーと重なって見えない場合は、オプション項目の真ん中にある「Show Minimap on the Right」を外すと左側に表示されます。

Display Names Over Healthbar

オプション項目の右側にある「Display Names Over Healthbar」の「Hero Names」を「プレイヤー名」に変えると、他プレイヤーの名前がチェスプレイヤーから名前(steamID)に変更されます。

ディスプレイモード

ウィンドウや小さい画面でプレイしたい場合は、ビデオ項目の左上にある「Use advanced settings」を押して「ディスプレイモード」で変えることが出来ます。

また、サイズも変更できます。

最速

処理や動作が重い場合は、ビデオ項目の右上にある「基本設定を使用」でバーを一番左の「最速」にしておくと軽くなる場合があります。

カメラの色-死亡時に切り替え

オプション項目の下にある「TO ADVANCED OPTIONS」を押して、右側にある「カメラの色-死亡時に切り替え」のチェックを外すと、負けた後の画面が変わるのがなくなります。

これはお好みで大丈夫です(^^)

起動時に地域チャットへ参加

上記と同じく、オプション項目の下にある「TO ADVANCED OPTIONS」を押して、右側にある「起動時に地域チャットへ参加」のチェックを外すと、チャットの○○,AIみたいなのに勝手に参加されなくなります。

 

…以上です!他にも役に立つ設定があればぜひ教えてください(^^)/







1 個のコメント

  • コメントを残す