【ラスピリ】「明星スバル」の評価やおすすめ運用方法などまとめ!

2月14日から始まった「ラスピリ」と「あんスタ」コラボのコラボコール(ガチャ)に登場する、星5ユニット「明星スバル」の評価やおすすめ運用方法などを紹介していきます!

これからラスピリを始めるためにリセマラをする方、すでにプレイを始めているピリオドさん達も是非参考にしてみて下さい(^^)/

ラストピリオド - 終わりなき螺旋の物語 -
ラストピリオド – 終わりなき螺旋の物語 –
無料
posted with アプリーチ





コラボコール開催期間

2月14日 15:00 ~ 2月27日 14:59

ステータス

明星スバル〈☆5・ヒューマレルム・火属性・ヒーロー〉

リーダースキル:紅帝の士魂
火属性ユニットの攻撃力、ダメージ軽減中アップ
スキル:あんさんぶるスターズ!(初期必要SP:140)
敵1体に特大ダメージで4連続攻撃、自分の攻撃力とスピードを中アップ
アビリティ1:スピードアップ2 スピードが上昇する
アビリティ2:チェインエナジー 攻撃時のチェイン数に応じて、SP上昇量が増加する
アビリティ3:ガッツ 戦闘不能になる時、一定回数HP1で生き残る

スピード:54
攻撃段数:3

能力解放ステータス

・攻撃力アップ x 5:攻撃力+750

・チェインパワー x 3:チェインに応じた攻撃上昇量+3%
・チェインパワー2 x 1:チェインに応じた攻撃上昇量+2%
⇒合計チェインに応じた攻撃上昇量+5%

・スピードアップ×4:スピード+4
・スピードアップ3×1:スピード+4
⇒合計スピード+8

・SP上昇量アップ x 4:攻撃時SP上昇量+8%

・対木属性攻撃力 x 5:対木属性攻撃力+30%
・対木属性攻撃力2 x 1:対木属性攻撃力+12%
⇒合計対木属性攻撃力+42%

・ガッツ x 1:戦闘不能時の生き残り回数+1

(太字はボード四隅の月の螺旋結晶必要分)

※能力解放って?という方はこちらの記事をどうぞ↓

【ラスピリ】能力解放のいろいろ!

能力解放必要素材

銀のヒューマエンブレム 45個
金のヒューマエンブレム 120個
緑の強いクスリ 48個
緑の妖しいクスリ 16個
空の美しいハネ 16個
月の螺旋結晶 4個

無凸時評価

リーダースキルが「火属性ユニットの攻撃力、ダメージ軽減中アップ」となっており、属性のステータスアップは限定キャラしかもっていないので貴重です!

このユニットをリーダーにすれば、レルムに関係なくパーティーの火属性ユニット全員にステータスアップの効果を与えることが出来ます!

ヒューマレルムパーティにも、火パーティーにも組めて一石二鳥です(*^^*)

 

スキルが「敵1体に特大ダメージで4連続攻撃、自分の攻撃力とスピードを中アップ」となっており、特大ダメージを与えられるのはもちろんのこと、「自分の攻撃力とスピードを中アップ」によって通常攻撃のダメージが上がり、さらに自身のの回転率も上がります!

なので、常に安定した火力を出してくれます(*^-^*)

 

15凸時評価

スピードアップ2によって、スピードが+15上がります!

ニット自身の回転率がスキルと相まってさらに向上されます(^^)/

 

チェインエナジーで少し重めのスキルの循環も上がります!

 

また、ガッツが付いているので敵の高火力の攻撃にも耐えることが可能になります(*^^*)

 

全能力解放時評価

スピードアップでさらにスピードが上がります!

スピード系のレガリアも付ければスキル後には敵の前に二回行動できるようになる…かも!?

もしできれば、アビリティのチェインエナジーと能力解放のSP上昇量アップでスキルの循環がかなり向上して、さらにチェインパワーで火力がかなり上がってきます( *´艸`)

 

また、ガッツが追加で1回プラスされるので連続攻撃に対しても安定性が増します(*^^*)




対クエスト評価

最初から最後まで安定した火力が出せるので、クエストにはかなり向いています(^^)/

ただし、ガッツが付いているとはいえ、HPアップやダメージ軽減などが1つも付いていないません!

サポーターを入れたり、リーダースキルを活かしたりすると安定感がかなり増すのでおすすめです(^^♪

対ギルバト評価

安定した火力が出て、スピードもあるのですが、最初からは瞬発的な火力が期待できないので”ガチのギルドバトル”ではあまり活躍できないです!

ただ、最近のギルバトは防衛がすぐ上がり、敵の攻撃も高くなりやすいのですが、このユニットはガッツが4回発動するので大体の攻撃は耐えられて火力も変動しないという点においては優れているので、後半のことを考えると活躍できるユニットになっています(`・ω・´)







コメントを残す